FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

良い年をお迎えください

2014/12/31


昨日、朝起きた瞬間から鼻水ダーダーで 気温差によるものかしら?と思っていたら 頭も痛くなってくるし どうやら風邪をひいたみたいです


大掃除にラストスパートをかけるつもりだったのに、、、


でも、風邪薬のおかげで 今日は少し元気になりました


台所の配置換えや、床拭きもして


大掃除終わった~





今年は 両親を亡くし、私自身も何度か体調を崩し なんだか大変な年でした


来年は明るい年になると良いなぁ


皆さまにとっても 来年が良い年でありますように












スポンサーサイト
18:51 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

Merry Christmas!

2014/12/25


Merry Christmas!


皆さんはクリスマス どのように過ごしましたか?


昨日のイブは 楽しく過ごせたでしょうか


うちは娘の仕事の都合で 今夜 クリスマスパーティをしました


でも、、、


クリスマスって24日から25日の夕方までなんですって


クリスマス もう終わってるやん


まぁ、楽しければ良しとしましょう



今回は娘2人の協力で ケーキを作りました





薔薇は下の娘

雪の結晶は上の娘と私が作りました







それと、色々な味のソーセージにあらびきマスタードとカマンベールチーズディップをつけて





カマンベールチーズディップは生クリームかマヨネーズのような感じで めちゃ美味しかったです


それと市販のピザに 色々な具をトッピングして食べました。


ケーキもソーセージもピザも美味しかったぁ


良いクリスマスになりました











20:45 クッキング | コメント(2) | トラックバック(0)

クリスマスの準備

2014/12/20


あちこちで イルミネーションが話題になる季節になりましたね



我が家でも 先日クリスマスツリーを飾りました


と、言っても星も入れても40cmほどの高さの小さなツリーです。


ツリーもオーナメントも子供達が小さい頃に買ったものだから、ちょっと可愛い感じですが



シンプルな感じにしようと 飾りを間引きしようと思いましたが、毎年飾っているオーナメントが可哀想な気がして、、、毎年同じ飾りつけになってしまうんです


金色のリボンと赤と緑のリボン(ベル付き)のオーナメントは 昔、私が作りました。



金色に輝いていたベルも すっかりくすんでしまいました。
年月を感じますね。



それと、以前 作ったクリスマスのミニュチュアドールハウス




毎年 この時期に出して、我ながら良く出来たと自画自讃

ひとえに ミニュチュアドールハウス教室の先生のおかげです



以前 知り合いに頂いた天使達





スリーコインズで買った木製のミニツリー





こちらはガラス製の光るツリー(左側)

ハーブと雑貨のお店『花ごよみ』さんで買ったものです。




色も白、黄色、紫、青、赤、ピンク、緑と色が変わってとても綺麗です。









これも『花ごよみ』さんで買ったクリスマスのタペストリー



オーナーの手作り作品です。
可愛くてお気に入りです


そして、先日 パン屋の『ふわり』さんで買った「シュトレン」



包装もクリスマス仕様で 嬉しいですね


「シュトレン」はドイツの発酵焼き菓子で ドイツでは4週間前から用意して 少しずつ食べながらクリスマスを待つそうです。


ドライフルーツやナッツがどっさり入っていて、とっても美味しいんです。




少しずつ食べてクリスマスを待ちましょう



21:11 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)

ウフィツィ美術館展

2014/12/12


上野の東京都美術館にウフィツィ美術館展を観に行って来ました。









ウフィツィ美術館は イタリアのメディチ家のコレクションを元に出来た美術館です。


今回の展示は ウフィツィ美術館の代表的なボッティチェリの作品や、16世紀のフィレンツェ美術を牽引した画家達の作品を集めています。



今回の展示会の目玉は ボッティチェリの『パラスとケンタウロス』





パラスの衣装や髪の透け感の表現が素晴らしかったです。
筆の跡があまり見えないので、巨大なポスターを見ているのでは?という錯覚に。
500年前の偉大な画家の絵を間近に観られて感動でした。



『ロッジャの聖母』




清らかで高貴な感じのするマリア
絵も素晴らしいのですが、額装が当時のまま残されています。





その他にドメニコ ギルランディオの 『聖ヤコブス 聖ステファヌス 聖ペテロ』





これもテンペラ画ですが、赤や黄色、青の発色が鮮やかで綺麗でした。
金の細い線使いが緻密で凄い!



絵の他に フィレンツェのメディチ家タピストリー製作所の織物作品が





どうやってこんな緻密な織物が出来るのか?



全部で80点あまりの展示を音声ガイドを利用しながら、4時間かけてじっくり鑑賞


一緒に行った娘のペースに合わせたんですが、ウフィツィ美術館展と常設のミュージアムショップをちょっと見たら あっと言う間に閉館時間


喫茶店のウフィツィ美術館展限定のスィーツ食べたかったわ~


今回 絵ももちろん素晴らしかったけれど、館内で流れたミニシアターのメディチ家の繁栄ぶりには 改めて驚かされました。


メディチ家あっての ルネサンス文化だったのでしょうね



帰りに新宿で バスを待つ間 少しだけ駅周辺をぶらり歩き


新宿ミロードのモザイク坂のイルミネーションを見てきました。










東京都美術館
ウフィツィ美術館展
12月14日まで開催中


11:20 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

御殿場 時之栖 イルミネーション

2014/12/07


先日 御殿場にある時之栖(ときのすみか)のイルミネーションを見に行ってきました。


毎年 テーマが変わって今年は「妖精たちのHabataki」です。


入るとすぐに高さ20mのモミの木が





裾にもずっと白いイルミネーションが続いていて とっても綺麗


すぐ近くに450m続く光のトンネルがあります。





天井には今年のテーマの妖精たちが





そして「ヴェルサイユの光」のショーが開催される第二会場へ移動


会場の隣りには巨大な鐘が


この鐘のサイズは直径3.824m 高さ3.724m 重さは37.5tあるんですって!





右側に少し雲をかぶった富士山が見えるの分かりますか?


鐘の隣りには これまた巨大な星の王子さまのイルミネーションが





「ヴェルサイユの光」は音楽と光と噴水がコラボしたショーです。





次々と吹き上がる色とりどりの噴水が綺麗!


ラストの方には噴水の高さが70mになり、圧巻です!





風向きによって 水がかかる事があるので、入場口で傘を渡されるんですよ


ここだけは有料ですが、見る価値はあると思います



庭内には お土産物や食べ物の売店があります。


以前 住んでいた静岡のおでん屋台を見つけ 久しぶりに食べました。
静岡おでんは だし粉と青のりをかけて食べるんです。


黒はんぺんも懐かし~い!
これも静岡ならではですね





地ビールレストラン「GRAND TABLE」では 娘に黒毛和牛やオニオングラタンスープ等をご馳走になりました


牛肉はわさび醤油で食べましたが、柔らかくて美味しかったぁ






このイルミネーションは3月15日まで開催されています。

お近くにお出かけの際は立ち寄ってみてはいかがですか




19:45 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

ご冥福をお祈りいたします

2014/12/03


あの痛ましい事故から もう二年経ったのですね



笹子トンネル天井板落下事故


2012年12月2日、山梨県大月市笹子町の中央自動車道上り線笹子トンネルで 天井板のコンクリート板が約130mの区間にわたって落下し、走行中の車複数台が巻き込まれて死傷者が出た事故


天井板の構造上にも問題があり、後日の点検で天井と鋼板をつなぐつり金具のアンカーボルトの脱落、つり金具と鋼板をつなぐボルトの脱落など、670以上の不具合が見つかりました。


定期点検でハンマーでボルトを叩いて打音検査をしていたら、もしかしたら防げた事故かもしれません。




大切な9人もの命が失われました。



当時 テレビで 映し出された悪夢のような映像が思い出されます。



原形を留めない無残に壊れた車体が運び出された映像を覚えています。



まさか あの車に知り合いが乗っていたなんて、、、



後日 発表された被害者の名前を 信じられない思いで見ていました。





なんで神様は こんな良い人を連れて行ってしまったのだろう。



いつも冗談を言ったり、優しく笑いかけてくださったあの笑顔が今でも思い出されます。



三回忌を迎えた昨日 笹子トンネルの事故現場を一部通行止めにして、ご家族による献花が行われたそうです。



もうこのような悲惨な事故が二度と起きないよう 祈るばかりです。




事故に遭われた方々のご冥福を心よりお祈りいたします
















14:09 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME |