08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

坊さんの勘違い

2015/12/06

先日 父と母の三回忌を済ませました。

無事に、とはいきませんでしたが、、、


本当なら父の三回忌は半年先なのですが 父と母、一緒に済ませる事にしたのです。


法要が始まる直前「これから一周忌の法要をとり行います。」とのお坊さんの言葉


え?


一周忌?


言い間違えかしら?



二人一緒の大事な三回忌なのに お坊さんが 一周忌と間違えて 読経を始めてしまったんです

塔婆の名前を読み上げるたび、「一周忌菩提が為~」って…

良く見ると、塔婆にも一周忌って書いちゃってあ~るじゃありませんか!

でも、読経中にクレーム付ける訳にいかないし、「お父さんお母さん、ご冥福をお祈りいたします」なんて しんみりした気持ちは吹っ飛び「一周忌じゃなく、三回忌だっちゅ~の!」なんてハラハラした気持ちでいっぱい

そもそも一周忌と三回忌のお経って同じなの?とかヤキモキしたりして

読経が終わって 塔婆を渡された時 「あの~、一周忌じゃなく三回忌なんですけど、、、」と声をかけた。

お坊さんは「 あ、そうですか?じゃ後で書き直しておきます。」の一言。

翌日、書き直しておきました、と謝罪の電話がありました。

とりあえず、終えたから良いかぁ


話は変わりますが、お坊さんの勘違いネタをひとつ

父が存命中の時の事

糖尿で言葉が、はっきり話せなかった父

病院のベッドの下にパジャマのボタンが 落ちてしまったらしく、それを姉に伝えたかった父

ベッドの下を指指して

ぼ~たん‥‥ぼ~たん‥‥

姉はボタンを坊さんと聞き間違えて、

「えっ!坊さん?」
「お坊さんが見えるの?」
「お坊さんがベッドの下にいるの?」
「お父さん、病院で坊さんなんて言ったら、病室の人が嫌がるからダメよ。」と 父をたしなめたそう。

後日 ボタンが落ちていて、やっと意味を理解したそうです。

坊さんとボ~タン

今 思い出すと笑い話ですね。




スポンサーサイト
19:00 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
雲の上でもびっくりしてるね
お坊さんではありませんが、
時がたつのが早くて‥‥
もう三回忌だなんて信じられませんね。
笑えない出来事だけど、これから法事の度に『あの時は‥‥』って話題になるんでしょうね〜
Re: 雲の上でもびっくりしてるね
Tom妻さん
コメントありがとう
父の四十九日にも、ちょっとしたアクシデントがあったので このお坊さん、大丈夫かしら?って感じです
でも、三回忌が終わると七回忌までしばらく空くので 少しゆっくりできますね。

管理者のみに表示