FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

「透明なゆりかご」

2018/09/10

私はテレビドラマが好きです。


現在も数本のドラマを録画して見ています。

NHKの朝ドラ「半分青い」
NHK大河ドラマ「西郷どん」
話題になったアニメ映画の実写化「この世界の片隅に」
生活保護課を舞台にした「健康で文化的な最低限度の生活」
殺人者を家族に持った主人公の苦悩を描く「いつかこの雨がやむ日まで」
etc、、、


見過ぎやろ~と言う声も聞こえてきそうですが、、、(^_^;)


中でも 印象に残るのは
NHKの「透明なゆりかご」




小さな産婦人科を舞台に繰り広げられる人間関係を描いたドラマです。

そんな産婦人科を訪れる人々やそこに働く看護師たち、そして主人公の看護師を目指す女子高生の人間関係を描いたドラマです。


産婦人科は

命が産まれるところ

命が終わるところ



望まれて産まれてくるもの

人知れず消えていくもの



命に対する儚さや切なさ、愛おしさが描かれています。


第5話では

14歳の娘が男に騙され妊娠し、親が中絶を勧めます。

でも、どうしても産みたいという娘に 子育てが一段落したら、ちゃんと高校に行き卒業しなさい、それが条件ですと言って産むことを許してくれる母親


結局 子供を産んですぐに頼りになるはずの母が(赤ちゃんの祖母)が亡くなってしまい、1人で赤ちゃんを育てなければならなくなった娘

大人でも大変なのにたった14歳で 昼夜お構いなしに泣く赤ちゃんの世話をして、ミルクを飲ませて、オムツを替えて、、、

どうしようもなくなった時 ふと亡くなった母の言葉を思い出す

「今度はあなたがママになるのよ」

母との約束を思い出し懸命に生きる娘


やがて、その子が9歳になった時、娘は亡き母と約束したように高校を卒業し、キャリアウーマンになっていた。

忙しく仕事や家事をする母

寂しい想いをしていないか心配する周囲に

「母ちゃんは 俺の事が一番好きだから」「だから平気なんだ」

自信を持って答える息子


忙しくて子育てがおざなりになってしまったり、放置したり、末には虐待という痛ましい事件も 記憶に新しい。

子供に愛情をちゃんと感じさせて育てるのって、すごい事だと思う。

私には出来ているかな




第7話では

母親に虐待されて育ち、親と離されて養護施設で育った娘

それでも、自分の母子手帳を宝物にしている

そこにはかつて 愛情を注いでくれた母親の残した記録が綴られている

過去の母親からの愛情だけを頼りに生きている娘

その娘が妊娠し、母子手帳に愛情込めて書き込んでいく。
かつての自分の母のように、、、

なんだか見ていて切なくなる話でした。


主題歌のcharaさんの「せつないもの」がドラマの話に合っていて、良い雰囲気を出しています。


衝撃的な話もあったり、切なくなる、そして 心が温まるドラマです。

観ていない方は1話完結篇なので 是非!最終回 間に合いますよ


「透明なゆりかご」
NHK総合
金曜日
午後10:00~10:45

再放送
水曜日
午前1:30~2:15






スポンサーサイト
20:30 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
色々ありますね
病院の待合室って主に病気の人が居る場所ですけど、
産婦人科って少し違うような気がします。
子供が授かって幸せな人…だけでなく、
流産に死産、そして出産後にも色々あるし、
不妊で苦しんでいる人、病気で妊娠する希望さえも持てない人。
そんな様々な「思い」を抱えている女性達が
隣り合って座っている場所なんですね。




Re: 「透明なゆりかご」
Tom妻さん コメントありがとうv-410

本当に。
産婦人科は様々な人々のドラマがあるような気がします。
若い人からお年寄りまで 色々な年代の人もいますしね。
そんな産婦人科の出来事が主人公の高校生のピュアな目を通して描かれています。
とても良い作品になっていますよ。
お薦めです。

管理者のみに表示